TOP » 歯列矯正を始める前に知っておきたい基礎知識とは » 歯列矯正の種類 » ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とは

歯列矯正の代表的な治療方法であるワイヤー矯正。歯の表面に装置をつけて歯並びを整える方法ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?治療費の目安や治療の流れなど、さまざまな情報とともにご紹介していきます。

ワイヤー矯正の特徴

歯列矯正の中でもっとも歴史が古く、数多くの症例実績をもつワイヤー矯正。ブラケットと呼ばれる装置を歯の表面に付けてワイヤーを通し、力をかけることで歯を移動させていく方法です。ブラケットの種類には、金属製のメタルブラケット、目立ちにくいプラスチック・セラミックブラケットなどがあります。

メリット

叢生・出っ歯・歯間空隙など、ほとんどの歯列不正に対応できるのがメリット。比較的強い力をかけられるため効果が出やすく、治療期間や費用を抑えることができます。また、舌側には装置がないので違和感が少なく、発音や咀嚼に影響が出にくいのも長所の1つです。

デメリット

金属製のメタルブラケットは安価ですが、非常に目立ちやすいのがデメリット。装置が付いているとフラッシングがしにくく、むし歯・歯肉炎・歯周病になりやすいのもネックです。目立ちにくいプラスチック・セラミック製のブラケットもありますが、ケアのしにくさに関しては金属製と変わりがありません。

ワイヤー矯正の相場

150,000~800,000円/全顎矯正

ワイヤー矯正の期間

2年半から3年程度

ワイヤー矯正の種類

メタルブラケット・ワイヤー

メタルブラケット・ワイヤーとは、金属製のブラケット装置とワイヤーのこと。オーソドックスな銀色の矯正装置で目立ちやすいという特徴はありますが、丈夫で強い力をかけやすく、さまざまな症状に対応できる装置となっています。

クリアブラケット・ホワイトワイヤー

クリアブラケットとは透明の素材でできたブラケット装置、ホワイトワイヤーとは白色のワイヤーとなっています。歯列矯正の仕組みは金属製と同様ですが、歯の色になじみやすく目立ちにくいのが特徴。また、金属アレルギーの方でも使用できます。

ワイヤー矯正治療の流れ

精密検査・治療前の準備

治療を開始する前に、レントゲン撮影・歯型採取・口腔内チェックといった精密検査を実施。矯正治療に必要なデータを収集し、治療プランを立てます。また、むし歯がある場合は治療、歯を抜く必要がある場合は抜歯を行います。

ブラケットの装着

歯の表面にブラケットという装置を付けてワイヤーを通し、歯を移動させたい方向へ力をかけて固定します。治療中は数週間~1か月の間隔で通院し、装置の調整やブラッシング指導、歯のクリーニングなどを受けます。

治療完了後、保定期間へ

歯並びがキレイに整ったら装置を除去し、保定期間に入ります。保定装置(リテーナー)とは、整えた歯並びが元に戻ろうとするのを防ぐための装置。矯正治療期間と同じくらいの時間がかかりますが、保定をきちんとしないとキレイな歯並びが安定しません。

その他の歯列矯正をもっと調べる

   
ワイヤー矯正、マウスピース矯正、裏側矯正の治療費を調査!クリニックごとにどのくらい差があるのかチェックして、クリニック選びの参考にしてみてください!      
詳細はこちら