TOP » 歯列矯正を始める前に知っておきたい基礎知識とは » 歯列矯正の種類

歯列矯正の種類

歯列矯正の治療法には、以下のような種類があります。それぞれの特徴や、メリット・デメリットを把握しておくようにしましょう。

歯列矯正の種類と特徴

ワイヤー
矯正
マウスピース
矯正
裏側
矯正
目立ち
にくさ

透明や白いブラケットもあるが、ある程度目立つ。

装着していることが
ほぼ分からない。

ほとんど見えないが、
ブラケットは金属製。
装着感
頰側に違和感があり、
口内炎ができやすく
なることも。

締め付け感はあるが、
違和感は少ない。
X
舌に当たるので違和感が強い。
発音しにくいことも。
生活の
しやすさ

歯磨きが難しい、
食事がしにくい、
食べ物が挟まる、など。

食事や歯磨きの時には
外すことができる。
X
歯磨きや食事が
難しいのは表側と同じ。
表側よりも虫歯の
リスクは少ない。
治療期間
治療効果がもっとも
早く表れる。

装着は自己管理。
長時間つけられないと、
効果が表れなことも。

治療効果は
比較的表れやすい。
治療費用
メタルブラケットなら
リーズナブル。

上下両方だと、
裏側に次いで高額になる。

上下ともに裏側にすると、
かなり高額になる。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、個々の患者に合わせて作られたマウスピースを交換しながら歯並びを整えていく治療法。1つ1つのマウスピースは少しずつ形が違っているため、交換するごとに歯が動いていき、最終的にはキレイな歯並びが完成するという仕組みです。マウスピースは透明で目立ちにくく、しかも患者自身で取りはずしができるため、「仕事をしながら矯正治療をしたい」「矯正装置が目立つのがイヤ」といった方におすすめです。

マウスピース矯正装置にもいろいろな種類がありますが、主に使われているのはインビザライン。近年では、アソアライナー、NCアライナーといった国産のマウスピース矯正装置も増えています。マウスピースを交換しながら歯を動かしていくというシステムはどれも同じですが、適用条件・装着時間・費用などに違いがあるため、自分に合った装置を選択することが大切です。

マウスピース矯正の
詳しい内容をもっと見る

ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットという装置を接着し、ワイヤーを通して歯を移動させていくのがワイヤー矯正。歯列矯正といえばワイヤー矯正、というほどスタンダードな治療法です。治療が完了するまで装置の取りはずしはできませんが、常に力がかかっているため、より効率よく歯を動かすことができます

ワイヤー矯正というと見た目を気にする人が多いですが、最近では金属製のメタルブラケットだけでなく、歯の色になじみやすいプラスチック製・セラミック製のブラケット、白色のホワイトワイヤーもあるので安心。ただし装置の周りに汚れがつきやすいため、むし歯などのトラブルに気をつける必要があります。

ワイヤー矯正の
詳しい内容をもっと見る

裏側矯正

裏側矯正とは、ブラケット装置を歯の裏側につける方法。舌側矯正・リンガル矯正とも呼ばれるもので、外側から装置がまったく見えないため、周囲に気づかれることなく治療を受けることができます。

歯を動かす仕組み自体は表側からのワイヤー矯正と同じですが、歯の裏側に装置を付けたり調整するのが難しいため、医師の高い技術力が必要。また、装置は1つ1つがオーダーメイドで作られているので、費用が高額になりがちです。装置の種類によっても費用は大きく異なるため、事前に確認しておくようにしましょう。

裏側矯正の
詳しい内容をもっと見る

歯列矯正の基礎知識をもっと調べる

   
ワイヤー矯正、マウスピース矯正、裏側矯正の治療費を調査!クリニックごとにどのくらい差があるのかチェックして、クリニック選びの参考にしてみてください!      
詳細はこちら