TOP » 歯列矯正を始める前に知っておきたい基礎知識とは » 歯列矯正の種類 » 裏側矯正とは

裏側矯正とは

歯の裏側に装置を付ける裏側矯正(舌側矯正)にはどのようなメリット・デメリットがあり、費用の相場はどれくらいになっているのでしょうか。気になる情報をまとめてみました。

裏側矯正の特徴

裏側矯正とは、ブラケット装置とワイヤーを歯の裏側に装着する方法。舌側矯正、リンガル矯正とも呼ばれます。表側矯正と同様に、どのような歯列不正にも基本的には対応できますが、調整などが難しいため医師の高い技術力が必要となる治療法です。

メリット

歯の裏側に装置を付けるため、外見にはまったく影響を及ぼさないのが大きなメリット。人に気づかれることが少ないため、仕事をしている人でもストレスなく治療を受けられます。また、舌の下には唾液腺があるため自浄作用が活発で、むし歯になりにくいのもメリットです。

デメリット

下顎の場合は装置が舌に触れてしまうため、慣れるまで発音がしにくかったり、痛みを感じることがあります。また、装置は基本的にオーダーメイドとなっており、装着や調整にも手間がかかるため、表側矯正に比べると費用が高額になりがちです。

裏側矯正の相場

裏側矯正(舌側矯正):1,000,000~1,300,000円
ハーフリンガル矯正:900,000~1,200,000円

裏側矯正の期間

3年程度

裏側矯正の種類

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正の装置には、さまざまな種類があります。サイズが小さく違和感の少ない「クリッピーL」、厚みが薄く丸みを帯びたデザインの「STb」、カスタムメイドで作られる「インコグニート」などが主な装置で、クリニックによって使用する装置は異なります。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正とは、上顎に裏側矯正、下顎に表側矯正の装置を付けて行う治療法。舌に装置が触れないため、発音などに影響が出にくいのが特徴です。また、上下の歯に裏側装置を付けるフルリンガル矯正よりも費用が安くなっています。

裏側矯正治療の流れ

裏側装置の作成

口腔内の状態を把握するため、レントゲン撮影・口腔内写真撮影・歯型の採取などを行います。このデータをもとに裏側矯正装置をオーダーメイドで作製。完成までに1か月ほど時間がかかるため、抜歯が必要な場合はこの間に実施します。

裏側装置の装着

歯の裏側に、専用の接着剤を使って装置を1つ1つ装着していきます。必要となる時間は一般的に2時間ほどですが、クリニックによっては2回に分けて装着することもあるようです。模型上で装着位置をあらかじめ決定し、一度に装着を行うインダイレクトボンディングシステムを採用しているクリニックもあります。

毎回の矯正歯科治療

治療中は3~6週間に1回ほどの頻度で通院し、装置の調整を行います。定期チェックでは歯の移動状況はもちろん、汚れや着色のクリーニングなども実施。痛みを感じる場合は、鎮痛剤の処方やレーザー治療などを併用することもあります。

矯正装置の除去

治療プラン通りに歯並びが整ったら、裏側矯正装置を除去していきます。装置を除去したら、歯並びを固定させるための保定装置(リテーナー)の歯型採取を行います。

治療完了後、保定期間へ

矯正後の後戻りを防ぐため、治療完了後は保定装置(リテーナー)を装着します。3~6か月くらいの間隔で通院し、クリーニング等のケアをしながら経過を観察。歯並びの安定度に合わせて、装着時間を徐々に減らしていきます。

その他の歯列矯正をもっと調べる

   
ワイヤー矯正、マウスピース矯正、裏側矯正の治療費を調査!クリニックごとにどのくらい差があるのかチェックして、クリニック選びの参考にしてみてください!      
詳細はこちら